New Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

本ブログは

本ブログは過去記事閲覧用のアーカイブです。

新しい記事のアップ、コメントへのメッセージ、返信等は行いません。

最新情報は、FBページにて更新中です。 
スポンサーサイト

2016GSトロフィー

BMW GS乗りのイベント2016GSトロフィーに参加してきました。

GSKIMG0892.jpg

今年は西日本の鳥取県と、ここ、福島県羽鳥で開催されました。

今回も、200台以上のGSが大集結。

GSP6040002.jpg

先日、ニュースでも紹介されていました発泡スチロールハウスなんかがあるリゾート地「レジーナの森」で開催されました。

GSKIMG0893.jpg

GSKIMG0896.jpg

プログラムは、ダートを含むものの、例年よりちょっと短い40KMを走る「コマ図ツーリング」

GSP6040005.jpg

スキー場のゲレンデ特設コースを走ることができる走行会。

GSP6040011.jpg

そして、2年ごとに開催されるGS乗りの世界大会参加のメンバーを決める選考会。
こちらにも参加してきました。

GSKIMG0895.jpg

この選考会は、ライディング技術はもちろんですが、速さよりもいかに確実に、GSというオートバイを使いこなすかということを見られるテストが行われます。
参加者は800cc~1200ccの大型GSでスキー場に設置されたコースを与えられた課題をクリアしていくことを要求されます。

GSKIMG0894.jpg

どんな課題が行われるのかは、直前のミーティングまで発表されませんので、事前の準備なんかもできません。

GSP6040015.jpg

私は30人ほどの参加者のなか、抽選で8番目にスタート。
まずは、決められたスタート地点から「走って」バイクに駆け寄り、エンジンスタート。

GSP6040017.jpg

「右手で」台の上に載っているコーンを取り、規定のコースをぐるっと回ってコーンを置き、

GSP6040018.jpg

8の字を描くようにコースを廻り、

GSP6040019.jpg

スキー場の斜面を駆け上がり、斜面に設置されたコーナーを周回。

GS13339479_620092838153559_2365436773979257405_n.jpg

さらに斜面に設置されたスラロームを足をつかないようにクリア。

GSP6040021.jpg

ボックスに入って手を挙げて完了!

GSP6040022.jpg

というタスク。

「右手」でパイロンを持つということは、アクセルの操作ができない状態で走らなければならないわけで、電子制御で燃料噴出を調整できる現行車両と違い、キャブレター調整が必要な20年前の私のGSなのですが、事前に調整を行わなかったために、最初のセクションでエンスト&足つきで致命的なペナルティを受けてしまい、ほぼ選考外となってしまいました!

選考会終了後は、「レジーナの森」にある「レイクレジーナ」でトラウトのルアー釣りです。

GSKIMG0897.jpg

40CM前後のそこそこのサイズを釣り上げることができました。

GSKIMG0901.jpg

夜は、選考会に選ばれたメンバーの表彰と、パーティー。

GSP6040029.jpg

さっき釣ったお魚も宴のおつまみに加えていただき、この日は終了。

GSKIMG0906.jpg

翌日も、2日目のコマ図ツーリング等もあったのですが、この日は片づけて帰宅。
最高のお天気のGSトロフィの2日間でした。

GSP6040004.jpg



 

DOA2016春!

千葉県富津市のマザー牧場をベースに行われたラリーイベント「ドアオブアドベンチャー」に行ってきました。

0524P5210025.jpg

3年前から行われているこのイベント。
マザー牧場をベースに「コマ図」を使って走るイベントです。
「ラリー」とはいえ、一般公道を交通法規をきちんと守って走行するのが前提で、「レース」ではありませんから、ラリー競技の入門者にはもちろん、ちょっと違ったツーリングがしたい。とか林道に行ってみたいけど一人では・・・。なんて人にもお勧めです。

0524KIMG0880.jpg

今回は145人のライダーが参加。
250cc前後のトレールバイクをはじめ、BMWや発売されたばかりのCRF1000。新型アフリカツインなんかもいました。
今回、私は一番最後からスタート。
1分ごとに2台づつスタートになりますので、ゼッケン1のスタートから1時間半後。

0524KIMG0886.jpg

ワンちゃんと戯れたりして、スタートを待ちます。

0524P5210006.jpg

ラリーはこういった「コマ図」を見ながら進行していきます。

0524KIMG0888.jpg

これをロール状にして「マップホルダー」に収め、ルートを進行していきます。
右上の赤いメーターは「ICO」というラリー用のメーター。この数字をよみながら、マップを繰っていきます。
このようなメーターやマップホルダーはあれば便利ですが、必須ではなく、お弁当箱を加工してつくる方もいれば、クリップボードに括り付けている方もいますので、特別な用具がなくても参加できます。

また、このイベントでは、コマ図走行が不安な方のために、ベテランライダーが一緒に走ってくれる「アテンド」クラスもありますので、ぜひ一度参加してみてください。

0524P5210003.jpg

ルートは信号のない山間を選択されていることが多いので、信号待ちや渋滞にほとんど会うことなく進行していきます。

こんな林道や、

0524P5210021.jpg

距離はそれほどありませんが、こんな「チャレンジルート」もあります。
オフロードバイク初心者の方やビッグオフではなかなか行けないこういうルートですが、こういったイベントに参加すれば、ほかの参加者があとから来ますので、安心して走ることができます。

0524P5210016.jpg

ルート上には通過を確認する「チェックポイント」が設置されています。

0524P5210019.jpg

ここで、ルートを通過した証明をしてもらうのですが、このほかに「クイズポイント」というのがあり、ルート上にヒントがある「クイズ」に答えていきます。

クイズポイント①は、

0524P5210015.jpg

ここを上るのか・・・・。的な

0524P5210010.jpg

答えがありました。

0524P5210013.jpg

チエックポイントの通過証明やクイズの答えはこの封筒に書き込んでいきます。
この封筒は「エマージェンシー封筒」といって、このなかにはスタート&ゴールまでの地図が入っています。
ルートがどうしてもわからなくなってしまった場合は、これを開いて中の地図をみれば、キャンプ地に帰ってくることができます。

0524P5210026.jpg

「ツーリングイベント」ではありますが、一応、順位付けをするルールとして、ミスコースをせずに、最短ルートで帰ってきた人が表彰されます。
そのため、この封筒には、スタート前のオドメーターの数値を書いておき、ゴールした時の距離を記載して、ゴールしたら提出します。

ルートは海沿いを走るころにお昼になってきますので、お昼ごはんはおいしそうなお店を探して各自入っていきます。
ただ、あまりお店選びで行ったり来たりしてしまうと、距離が増えてしまうことに・・・。
私は、オンルート上のお店で、「盛りが命!」の鯛の身が炊き込まれた鯛めしをいただきました。

0524KIMG0887.jpg

ゴール直前には、1KMの直線ダートという「ビクトリーラン」が

0524P5210022.jpg

ルート脇のソーラーパネルの列も壮観でした。

0524P5210023.jpg

ゴール後は、「スキルチャレンジ」が用意されています。

0524P5210027.jpg

トライアル競技のように、足をつかないでクリアできれば、走行距離を減算してもらえるボーナスポイントがあります。

Rの厳しい一番の難所は、ノーミスでクリアできたものの・・・。

0524P5210028.jpg

最後のなんでもないところでパイロンにひっかかる痛恨のミス&転倒。

0524P5210030.jpg

チャレンジすれば、ポイントがもらえるのですが、クリアしたポイントゲットはならず・・・・。

0524P5210031.jpg

夜はエントリーフィーに含まれているジンギスカン食べ放題で、久しぶりにお会いするみなさんと盛り上がります。

0524KIMG0890_20160524121209a35.jpg

2日めは、先日南米で開催されたダカールラリーを完走された三橋淳選手のライディングスクール等のイベントも開催されていましたが、私は急きょの業務でみなさんと早めにお別れでしたが、天候にも恵まれた最高の2日間でした。

http://doorofadv.exblog.jp/











 

自社で建てたお宅へ自社で伺う。

当社で6年前に建てさせていただいたお宅に伺ってきました。
今回はお住まいになってから破損したクロスの補修と、室内LANの構築。

0517KIMG3713.jpg

ともに、新築の際に作業した職人さんがやりますので、「○○区のあのお宅だよ。ほら、床屋さんがとなりにあったさ。」的なお話で、確認ができますので、作業段取りもスムーズ。

建てた際に作業した職人がメンテやその後の改装も行うのが一番ですし、その体制を維持する努力をするのも、元請の業務の一つだと思います。
ですから、あまり無茶な価格での受注もできません。

ある設計事務所さんでは、仕事を取るために、かなり安い計画単価で複雑なPLANや坪数の計画を建てて競合するいくつかの設計事務所を退けて、受注を獲得。受注はしたものの、施工してくれる工務店がなかなか見つからず、仕方なく「仕事のない」工務店に施工を依頼したものの、工事中も問題が続出。
完工後も、問題が多発しているにも関わらず、その工務店は倒産。完工後のメンテナンス先も喪失してしまった・・・。なんて悪循環もお聞きします。

こういった設計事務所さんや、施主さんからご相談をいただくこともよくありますが、申し訳ございませんが、目の前の受注ありきで進めた会社さんにお付き合いするつもりはありませんし、他社に決定された施主さんからお話しをいただいた場合でも、その業者さんを選んだのは施主さんですので、ご自分で責任を負っていただくのが道理だと思いますので、基本的にお断りしております。

平常業務を行っているときでも、お問い合わせの段階から、メンテナンスやお住まいになったあとの改装も含めての状況を見越して、受注させていただくことも、設計施工を請け負う責任だと思いますので、当社でお請けしたお仕事は当社関係各社一同で、メンテや改装のお手伝いをさせていただきますが、他社さんで行った方へのお手伝いは難しいです。

今回もお約束した日程、内容で作業は完了。
新築時よりも大きくなったお子様や、施主様との再会を作業を行った各人一同で楽しませていただきました。



WIFIが主流になってきた昨今でも、まだまだご相談いただく有線LAN。
コネクタへの細かい接続作業や、引き回しの複雑さから請け負わない業者さんが多いようですが、当社の電気屋さんは、若い方がそろっていますので、新築工事とともにお請けすることができます。

0517KIMG3724.jpg

こんな複雑な「カテゴリー6」のコネクタ処理も含め、施工可能です。

0517KIMG3720.jpg




 

栗原川林道

久々にGSを出して、栗原川林道に行ってきました。

山里は、ちょうど田植え直前で水が張られていました。

0505KIMG3704.jpg

覗き込むと、泥をかぶったタニシやふなや、なにかの幼虫が泳ぎ回っています。

0505KIMG3705.jpg

赤倉林道は、川場側はがっちりゲートが閉まっていて通過不可。
しょうがないので、64号線を吹割の滝へ向かいます。

栗原川林道に入ったら、いつもの河原へ降りておやすみ。
4月はじめのころまで雪が残っていたり、昨年、水位が大きく上がったりしていたそうで、アプローチの道は荒れ模様。
河原もきれいに(?)なっていました。

0505KIMG3710.jpg

途中、何回かレースやラリーでご一緒した方に偶然お会いして、一枚。
今日のウェアは20年前に販売されていたMSRの初期型。
デッドストックを販売しているショップを紹介していただき、購入したので、新品。

050513130859_894947783948063_1620428169665543022_o.jpg

素掘りのトンネルを抜けて、

0505KIMG3717.jpg

後半のRの大きい区間へ。

0505KIMG3718.jpg

一気に駆け抜け、露店風呂のある道の駅「望郷の湯」へ。
一風呂あびたら、ノンアルビールで乾杯!

0505KIMG3719.jpg

2年ぶりの栗原川フルコースでした。






 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。