スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

「輩」

すでに一線を退き、なんの関係もない立場であるにも関わらず、好き勝手に言葉を発する「輩」。

「人に注目されたい」。というだけの肥大した自己顕示欲を満たすだけの、真実でない発言、記事がどれだけの人に迷惑をかけるか。
どれだけの影響があるのか。なぜわからないのか。

70年もの長きにわたり、生きているのに、なぜ、そんなことがわからないのか。

言ってしまえばいい。掲載してしまえばいい。
事実関係はどうでもいい。

つじつまのあわないところを指摘されたら。

「見た人、読んだ人が独自に判断いただきたい」。
「そういうニュアンスのことは言ったかもしれないが、そういった意味ではない」。

言ったことの責任すらとらないで、逃げる。

そのあとには、その「輩」にめちゃめちゃにされたたくさんの「モノ」が残る。

めちゃめちゃにされた「者」は、めちゃめちゃにされた「物」を丁寧に拾い集め、修復するという膨大な作業を強いられる。

やりたくはないけれど。
他にやらなければいけないことはたくさんあるけど。

やらなければならない状況に追い込まれてしまう。

やらなければ前に進めない。
大事な人を守れない。
長年かけて紡いだ大事な人との関係を直せない。

抗議したって、裁判でお金を取ったって、訂正記事を載せてもらったって。

確かにそれは無駄ではないけど、大事な「モノ」は、もう、元通りの形には戻らない。


地に這いつくばって、修復をする。

「なんでこんな目に会わなきゃならないんだ」と考えてみる。
めちゃめちゃにした原因の言葉を発した「輩」に問いかけてみる。


「こんなことになるとは思わなかった」。
「思い付きをいっただけ。悪気はない」。
「そういう意味で言ったわけではない」。
「口がすべった」。
「うそを言ったわけでなく、大局的にみれば、そういう意味にとれる。あんたが勘違いしてるだけ」。


昔、どんなに支持者がいたのか、昔はどれだけ偉い人だったのか知らないけれど。

今のあなたは無責任きわまりない「輩」だ。


公的に「嘘だった」ことが認められても。


それで、言った側はリセットされるけど。


やられた側はリセットされない。

言ってもやってもしょうがないから、黙々と修復作業を続けるしかない。

交通事故にあったようなもんだよ。と自分を納得させながら。

 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。