スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

VWガレージの家

施主さんの愛車は1967年式のフォルクスワーゲンVARIANTタイプ3。

比較的敷地の値段が高くても、便利な東京23区で。

大事な愛車を雨にさらさず。
多忙な施主様がおやすみまえの数十分だけでも、愛車をいじれるように。

快適なホイールライフと、日常生活を送っていただけるよう、建てたお宅です。

DSC02581.jpg

・構造  :  木造3階建て

・敷地面積 : 約22坪

・建築面積 : 約12坪

・延べ床面積  : 約36坪

・所在地 : 東京都文京区

敷地の道路付方向は北側。
いつもこのブログで書いているように、北側敷地には多くのメリットがありますが、敷地ならではのメリットが生かせるPLANとしています。

DSC02590.jpg

外観はシンプルな濃い色の窒業サイディング。
お住まいの方のための玄関と、愛車のガレージが並びます。

DSC02591.jpg

ガレージがオープンすると愛車が収納されています。

PA080017mae.jpg

ガレージドアはオーバードア。
シャッターに比べてコストはかかりますが、遮音性、ガレージ内の快適性は抜群です。

sawasPA080023.jpg

車のガレージであっても、手洗い、パーツ洗いのできるシンクは備えます。
今回は大きめのステンレスシンクを取り付けました。

その向こうは室内玄関です。
ガレージと一般居室の間には、外部用のドアを取り付け、車の排気ガスやオイルのにおいが居室に上がってこないようにします。
生活の場と、ガレージをきちんと分けるのもガレージづくりには大切なことです。

sawasPA080031.jpg

北側からは、安定した光が入りますので、2階、3階とも大きなサッシを設置。
東京都とは思えない素晴らしい展望を楽しむことができます。

DSC02403_20120919141040.jpg

両サイドのサッシは開閉できるようにしていますので、通風も抜群です。

DSC02408.jpg

南側に設置されたキッチンは、ステンレス生地の面材で統一。
洗濯機も備えますので、家事動線も抜群です。

DSC02411.jpg

南側にもデッキを設置。
安定した日差しの北側と、時間によって移り変わる南の日差しで、常に明るいLDKを演出します。

DSC02415.jpg

洗面脱衣室の造作は白で統一。
鏡面仕上げの洗面台扉と床のテクスチャが、大人の雰囲気を醸し出します。

DSC02465_20120919142633.jpg

こちらのお宅には、都会の3階建てには珍しい屋上が設置されています。
目の前の森林を眺めるもよし。
デッキパーティーもよし。です。

DSC02445.jpg











 
スポンサーサイト

VWガレージの家お引き渡し

1週間のご無沙汰でした。

先日オープンハウスの行われたVWガレージの家。
いつものように、大量の書類、取扱説明書を用意して、お引き渡し。

PA090047.jpg

ガレージテストも行い、

PA080015のコピー

見事納まるのを確認。

PA080017のコピー

作業が完了して、施主さんがお帰りになった後も、雑巾片手に右往左往。


窓から見える光り輝く緑、

DSC02403.jpg

都会のオアシス。
気持のいい屋上も。

DSC02446.jpg

間接照明の素敵なサニタリースペースも。

DSC02465.jpg

今日から、私のものではなく、施主さんのものになります。


感慨深げに気になる小作業をしていたら、こんな時間。

PA090052.jpg

お引き渡しの度に、「娘を嫁に出す気分。(嫁に出したことはありませんけど)」になります。


施主さんと幸せになってくれよ・・・・。


DSC02474.jpg






 

考察 都会の屋上

東京の密集した住宅街では、「近隣の建物が目に入らない」というのが、ひとつの贅沢になります。

前面道路や、窓の配置等でなるべく視界にほかの建物が入らないプランニングの工夫でクリアすることもありますが、やはり「屋上をつくる」というのが一番よい回答。

sP9240035.jpg

ただ、屋上というのは、一般の屋根と違って、人が歩くという機能を持たせなければいけないため、勾配を急にすることができず、いわゆる「陸屋根」にするという比較的リスクの高い設計をする必要がありますので、「年に1回か2回しかあがらない」といういわゆる施主様の生活の「肝」にならないであろう場合は、なるべくつくらない。
もしくは、「屋上」ではなく、ガルバリウム鋼板でつくった「上ることもできる屋根」という設計にすることが多いです。

今回は、都会でありながら、前面にすばらしい景観の緑地帯が広がっていること。
庭やデッキがほとんどとれない立地条件と、施主様がコンスタンスに屋上を使うという生活スタイルをご希望されたこともあって、屋上を設計しました。

sP9250017.jpg

屋上を設置することによって、シンプルに引き締まった外観となり、建物のプロポーションも非常にいいものになりました。

また、塔屋部分から日差しが差し込むようなハイサイドサッシ。
白を基調とした内装にしていただいたことによって、南側からの光を、反射させて得られるため、北向き道路でありながら、塔屋から差し込む光によって、非常に明るいリビングになっています。

sP9250015.jpg

屋上に出るためにつくるこの「塔屋」も、採光や通気の面で、さまざまなメリットのある装置にできるという2次的な効果も得ることができます。

sP9240032.jpg

あえて北側には開口をつくらず、南側のみに開口をつくることによって、力強い南側の採光を得、反射させ、リビングを明るく照らす「光をもたらす吹き抜け」的な空間にすることができます。


比較的住宅が入り組む地域では、防水や納まりをきちんと考慮して設計、施工すれば、室内空間の豊かさをもたらす装置とすることもできる都会の屋上です。




---------------------------------------------------------------------------

10月2日(土)、3日(日)東京都文京区でオープンハウス開催します!

お申し込み、お問い合わせは、こちらからどうぞ!




 

VWガレージの家オープンハウスです!

現在建設中のガレージハウス。

VW Variantがおさまるガレージハウスのオープンハウスを開催します。

imeji.jpg

オーバードアのガレージ。

すばらしい借景が広がる開口は、都会のまんなかとは思えません。

建物のプロポーションを崩さないよう、設置した屋上も、このお住まいの個性のひとつ。

ガレージはもちろんですが、住まいとしての完成度もぜひご覧ください。



以下、要綱にて、開催します。
  

○ 開催場所 : 東京都文京区(お申し込みいただいた方に現地地図を送付します。)

  ※お車でいらっしゃる方は、周辺に有料コインパーキングがあります
   電車でいらっしゃる方には、最寄り駅からのご案内図を送付します。


○ 開催日程 : 10月 2日(土)、10月 3日(日)


※ 施主様のご好意で開催していただく、オープンハウスですので、完全予約制とさせてい
  ただきます。
  匿名のお申し込み、当日参加は、お受けできません。
  また、建築地の住所のみのお問い合わせにはお答えできません。

  業者の方、取材の方、設計者の方は、別途お問い合わせください。
  

◎ 以下、申し込みフォームにご記入の上、MAILにてお申し込みください。
  お申し込み受付は、10月 1日(金)PM15:00までとさせていただきます。


送付先 : ㈱M WorksProjectAoyama 青山宛に、以下アドレスにて送付ください。

       aoyama@mworkspj.com

-------------------------------------

「VWガレージの家。オープンハウス」に申し込みます。

・ 代表者のお名前 :  

・ ご連絡先TEL :  

・ ご連絡先MAIL :  

・ ご住所 : 

・ ご来場日時(ご来場日時のみ残して、送付ください)
  取り消し線の入っている日時は、すでにご予約が入っておりますので、お申し込みできません。

○ 10月 2日(土)
    
①  9:30~10:30
② 11:00~12:00
③ 13:30~14:30
④ 15:00~16:00
⑤ 16:30~17:00

○ 10月 3日(日)

①  9:30~10:30
② 11:00~12:00
③ 13:30~14:30
④ 15:00~16:00
⑤ 16:30~17:00

     
・ ご来場人数 :   成人の方       :    人

            15歳以下のお子様 :    人(  歳)

 

上棟!

VWガレージの家。上棟でした。

P7020006.jpg

ここしばらく、不安定な天気が続き、基礎工事と事前段取りが数日遅れ、3日遅れとなりましたが、上棟です。

P7020020.jpg

今回のお住まいは、目の前に奇麗な緑地があるので、その眺めが最高。
北側ですが、大きめの開口をつける予定。

P7020048.jpg

ここしばらく、猥雑な審査。瑕疵担保と建築基準法のつじつまのあわない検査。
そんな中でも、平気で建っている明らかな違反建築。それを、「あの人たちは建設業許可がないから」と言って摘発しない役所・・・・。

そんな日々の業務に、若干へこみ気味だったのですが、上棟をすると、自分で考えたこれだけの規模のものを、たくさんの人たちの協力で立ち上げる「建築」という仕事って、やっぱりすばらしいと思います。

まっとうにやっていると、まだまだ不条理で大変な事態が「建築」をやっている限り起こってくるとは思いますが、立ち上がった躯体。一緒に働いてくれる職方のみなさんをみると、まだまだ「がんばろう!」という気になります。

P7020062.jpg

大変な暑さ。
夕方には雷雨の降る大変なコンディションでしたが、今回も1日で組みあげ完了。
近所のみなさんの「こんな大きな家が1日で建ったんかい!」というお声も心地よいです。

P7020066.jpg




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。