スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

練馬のガレージハウス

東京都練馬区の住宅街。

環境の良さから、住むための町としては、人気の高い地域のため、過大な面積の土地を手に入れるのは、なかなか難しい。
そんななか、バイク2台と、車1台と家族との生活をきちんと分けて過ごすホイールライフをおくれるお住まいがこの春完成しました。

敷地面積  : 22.4坪

建築面積  : 13.3坪

延べ床面積 : 26.76坪(ガレージ含む)

所在地   : 東京都板橋区

構造    : 木造2階建て住宅


sP5290073.jpg

向って左側が、車の駐車スペース。
右側が、バイクのガレージ。
バイクは室内、クルマは外。

sP5290069.jpg

「バイクが室内、車は外」。というのは、「乗ってない」設計者の方には、なかなか理解してもらえない。とご相談いただく施主様からよくお聞きしますが、大事なこと。
盗難のリスクを抑えるのはもちろん、ご家族と団らんして、お風呂入って。
みなさんがおやすみになったあと、お父さんの時間を始めるためには、絶対必要なレイアウトなのです!

ガレージ開口は、ニドコのオーバードア。
シャッターと比べると、値段はそれなりにUPですが、静粛性能、断熱性は、それだけの価値があります。

sP5290065.jpg

作業後の手洗いと、ヘルメット等の洗浄ができるように、大型のシンクを設置。

sP5290070.jpg

高圧洗車機を使用中でも、手が洗えるよう、分岐栓をつけておくことで、強力な水圧で手を洗わなくても済みます。
分岐栓のわきに、コンセントを設置しておくと、電気式の洗車機を使うとき便利です。

sP5290071.jpg

ガレージの奥には、「指令室」
決して豪華ではありませんが、実用上十分なランバーコア製の大収納。
ヘルメット、ウェアはもちろん。文献、ツナギ等も工夫次第で収納できます。

sP5290057.jpg

1階にはもう一室。
寝室として使える和室があります。

sP5290084.jpg

2階リビングは、対面式キッチン。
コンロ前の壁は耐熱ガラスとし、開放感を。

sP5290041.jpg

南側にはデッキを設置。
デッキを設置する距離で、密集した住宅街でも、採光と通風をもたらします。

sP5290046.jpg

サッシは、スライディングサッシ。

sP5290043.jpg

両サイドにサッシが隠れてしまうおさまりなので、通常より大きく開放的な開口が得られます。

sP5290044.jpg

北側には、洗面室、こども室、浴室を設置。

2つあるドアは、現在1室の子ども部屋を将来2つに区切った際に使います。
左側の引き戸は、洗面脱衣室への入口。

sP5290028.jpg

右側を開くと収納。

sP5290027.jpg

左側を開くと、洗面脱衣室の入口。
コンパクトな都内の住宅では、こんなアイディアで、限られたスペースを有効に活用します。

sP5290025.jpg

洗面脱衣室は、大型の造作収納、鏡でこちらも限られたスペースを有効活用。

sP5290023.jpg

トイレは、1階と2階に2つ。
ただし、1階のトイレをメインのトイレとし、2階トイレのサイズは、畳半帖サイズ。
コンパクトなトイレですが、ななめに設置できる便器を取り付けて、思いの他、よい使い勝手です。

sP5290012.jpg

仕事から帰ってきて、屋根の下でバイクをいじれる環境を。
それでいて、バイクに乗らないご家族にご迷惑、危険をもたらさないこと。

生活スペースは、バイクと関係ないものとする。

東京都内の限られた敷地内で、楽しくホイールライフを送っていただき、ご家族も大切にしていただく。

このテーマは普遍です。
私にとっての家づくりに、いつも大切でかわらないもの。

久しぶりの2階建てガレージハウスでしたが、これらの設計思想をきちんとカタチにすることができました



 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。