スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

平和台の3階建て住宅

静かな住宅街に建設された、通常の生活とホビーモーターサイクルの製作空間を両立させることをコンセプトに建築された住宅です。
東京都内特有の第一種高度地区、厳しい建ぺい率、容積率をクリアして、3階建住宅として建設しました。

DSC03181.jpg

構造   : 木造3階建て

敷地面積 : 17.54坪

建築面積 :  8.66坪

延床面積 : 19.82坪

所在地  : 東京都

エントランスは、乗用車1台を駐車できるスペース。
ホビーガレージへの入り口は、シャッターではなく、特寸の大開口の片引きサッシを使用しています。
間口は1.2Mで、ミドルクラスのオフロードバイクであれば十分通れます。
第一種高度の斜線制限をクリアして3階の天井高を確保するため、通常の天井高より、70CM程度低くなっています。

DSC03183.jpg

北向き道路の敷地ですので、2階LDKはお隣と向い合せになりますが、デッキ材を高めに設置することにより、視線を遮ります。

DSC03201.jpg

南向きの上部は吹き抜けになっています。
お隣との空間で限られた光をここからも取り込みます。

DSC03198.jpg

階段の反対側には、パソコンスペースを造作しています。

DSC03233.jpg

斜線制限のため、3階の居室は勾配天井になりますが、大きな天窓で光は十分とりこめます。
収納も備え、寝室としてしっかり活用できます。

DSC03258.jpg




 
スポンサーサイト

責任を分担しない。

年末の完工に向けて、足場を撤去しました。

足場を撤去してしまうと、ウェザーカバー取り付け、TEL、電気の引き込み、サッシに貼ってあるシートのはがし。等ができないことはないんですが、難しくなります。
というか、3段梯子にしがみついてのアクロバット作業・・・。になります。
2階建てはなんとかなるんですが、3階は・・・。ほんとに怖いです。

でも、それをやるのは責任者の私です。
自分が忘れたんでなくても。自分のミスじゃなくても。
やらなきゃ前に進まないからやります。


ですので、もちろん足場解体前日までにチェックをするのですが、シートを外したこの段階で気付くことも時々。

s-PB300006.jpg

今回も、1か所外部作業をしていなかった部分がわかって、足場ばらしの職方さんに断りながら作業!
完全解体前にすべての外回り作業を終わらすことができました。

どんな状況になっても最終的に責任を取るのが設計施工の立場です。
「誰かが知らせてくれなかった。お前がやらなかったから作業が残った。どうするんだ!」なんていくら言っても現場は前に進みません。

責任を取るのはすべて自分です。


近年、特に今年は、大きな「こと」がありました。そのときの「責任者」のみなさんの発言。
「みんなで責任を分担してたから、責任はみんなにあるよ、誰も悪くない」、「みんなの責任なんだから、僕の責任ではない。」「誰か一人を悪く言うのはやめようよ」、「僕はその時その場にいなかったから。聞いてなかったから責任はないよ」。

こんなニュアンスで話す人をたくさんメディアで見かけました。

それって「仕事をする人」としてはちょっと違う。と思います。
近年、世間で言われている「責任の分担」って、考え直す必要のある時期に来ていると思います。


ばらし後は、どんなに気を付けていても足場の隙間に落ちてしまうゴミの清掃作業。
おとなりの敷地にもゴミが落ちていないか、この段階でもよく見ておきます。

s-PB300003.jpg





 

上棟最速記録

今年3件目の上棟当日は、午前中の降水確率40%。
午後の降水確率は80%。

朝の天気は若干薄晴れ。さあ、どうするか・・・。

決断に迷いましたが、今回は、道路を止めて上棟作業を行うため、各種許可、ガードマンさん、クレーン、人員の手配等を考慮すると、そう簡単に中止はできない。
で、決行としました。

どうも、最近、上棟や地鎮祭の雨率高いです。


PA050002.jpg

今回も、使うのは電気クレーン。
騒音の低さと、設置の簡易さを考えると、どうしてもこれになります。
しかも、今回のように電線や電話線が絡むところも、ブームを伸ばして、「真上から」資材を下ろせますので、安全。

PA050004.jpg

反対側の家から見るとこんな感じ。
このクレーンには、「オペさん」がいません。
鳶さんが組み立てもしながらリモコンで操作します。

いつも、思うのが「この人クレーンゲームうまいんだろーなー」

PA050017.jpg

急いでの作業ですが、水平を取るのも、忘れずに。

PA050013.jpg

金物の取り付け、締めも忘れずに。

PA050030.jpg

相変わらずでっかい梁がありますので、大変ですが。

PA050008.jpg

10時休憩もお昼休みもとらず、一気に作業。
午後一時には概ね組立て完了。

PA050024.jpg

完了したところで、ザッと雨が降りだし、中止。
概ねの作業、荷揚げも完了しましたので、屋根組みは明日に回します。


ほぼ午前中で完了しました。
段取りの良さと、個々の職方さんのモチベーションの高さで実現した最速上棟作業でした。

PA060008.jpg











 

暑い日の地鎮祭。

昨日が暑さのピークだと思っていたら、今日がピークだとのこと。

最高気温36.1度のなか、地鎮祭を行いました。

j-P8180001.jpg

神主さんも、暑い中、大変。
準備から、式が終わるまで、ずっと正装のまま。
ただ、さすが神職。
ダラダラだらしなく汗をかく私と違い、涼やかに式次第を進めます。

いつもお願いするこちらの神社さんは、手拍子と礼のやりかたがちょっと違うので、施主様にご教授いただきます。
暑いなかでも丁寧に。さらに涼やかに説明してくれます。

j-P8180003.jpg

説明が終わると、地鎮祭開始。
30分程度で終わるんですが、かなりこたえる暑さ。

お母様には日傘をそのままさしていただいたまま、式にのぞんでいただきました。

j-P8180005.jpg

暑い暑い準備と地鎮祭が終わりました。
今月は、もう一回地鎮祭があります。

もう少し、涼しくなるといいんですが…。

j-P8180006.jpg





 

草刈り。2011夏

地鎮祭に備え、敷地の草刈りに行きます。

夏草の成長はすさまじく、今日、現場に行ってみると…。

s-P8170014.jpg

2時間ぐらいで終わるだろう。
と思っていたので、しばし呆然。

それでも、さっそく作業開始。

s-P8170017.jpg

草刈りをすると、いろんな花や植物が生えることにいつも驚かされます。

見た目はきれいですが、とげとげの花。

s-P8170020.jpg

草刈りをすると、必ずあるブドウみたいな木の実のなる草。

s-P8170022.jpg

今回は、トマト?も生えていました。
いったいどこから種が来るのか…。

s-P8170018.jpg

今日も、とにかく暑い。
気温は35度超え。

ここまでやって、一時休憩。

s-P8170019.jpg

熱中症にならないように、水分補給をして再開。

なんとか完了しましたが・・・。

s-P8170027.jpg

真夏の草刈りは、ちょっと考えたほうがいいですね・・・。

s-P8170025.jpg



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。