スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

入間のガレージハウス

入間市に建設した、車2台、バイクガレージを備えるガレージハウスです。

DSC03438.jpg

敷地面積  : 29.83坪

建築面積  : 約17坪

延べ床面積 : 約32坪

所在地   : 埼玉県入間市


今回も、土地探しからスタートしたこちらのお宅。
南向きの整形地という申し分のない敷地ですが、ということは、条件のよい道路側に玄関、駐車スペース、バイクガレージ、玄関エントランス、デッキをレイアウトしなければならないため、ガレージハウスの設計敷地としては、なかなか難しいものでした。


大きな間口を木造+鉄骨の混構造で造作。
2階LDKとすることで、1階のガレージを車とバイクガレージの両方で活用できるよう、レイアウトしました。

1346406849082.jpg

DSC03427.jpg

向かって左側にくっついているこれは、「鉄棒」
施主さんは、出勤前に懸垂10回?やって出勤です?。

DSC03424.jpg

これで、ビッグバイクを乗りこなす腕力を培っていただきます。


ガレージのシンクは、当社標準仕様の、ヘルメットを丸洗いできる大型のもの。
シンク下部の2系統水栓金具で、洗車機をつけっぱなしにしておけます。
もちろん、電源も設置してあります。

DSC03410.jpg

ガレージのほか、ウェアを収納したり、ネットで情報収集するための「司令室」を備えます。
玄関へのエントランスも、外部用サッシを取り付けておきます。
これをしないと、ガソリン、オイルの匂いが生活スペースに流れ込み、バイクに興味のないご家族ともめるもとになります。

DSC03406.jpg

せっかくの南向きなので、LDKはきっちり南側にレイアウト。

DSC03322.jpg

全開口サッシを開けると、風通しは抜群。

DSC03356.jpg

デッキも大きくつくります。

DSC03355_20120831213650.jpg

LDKは、1階のガレージとは正反対。
奥様の意匠でデザインです。

DSC03329.jpg

2階は、浴室、LDK、洗濯機のある洗面脱衣室を備えますので、家事動線は抜群です。

DSC03346.jpg

トイレも、1階、2階に備えておきます。
2階トイレの意匠は可愛らしく。

DSC03380.jpg

お子様のお部屋は、小さい頃は一部屋で。
年頃になったら、2つに分けられるよう、天窓、コンセント、サッシ、収納、ドア。
すべて対称的に2つ取り付けておきます。

DSC03370.jpg

DSC03375.jpg

風見鳥さんが見守る、アーリーアメリカン調のガレージハウスです。

DSC03420_20120831222145.jpg

DSC03429.jpg











 
スポンサーサイト

入間のガレージハウス完工お引き渡し

「入間のガレージハウス」お引き渡しでした。

s-DSC03420.jpg

お引き渡しは夜で、作業はすべて終えているんですが、いつものように何度も出たり入ったり。

s-DSC03443.jpg

掃除機を何度もかけてみたり、雑巾かけしてみたり。

工事中にお世話になった御近所のみなさんとお話しをしたりします。
誰が住むかわからない建売住宅と違って、お住まいになる方がきまっている注文住宅の場合は、我々の施工中の印象が大きいです。
どうしても施工中の業者のイメージ=施主さんのイメージになってしまいますので、なるべく丁寧に応対させていただいています。
完工の際、一軒一軒まわるほど大げさではなくとも、お会いしたらきちんとお話しして、工事中にご協力いただいたことのお礼をさせていただきます。

そんなことをやっているうちにすぐにお引き渡しの時間。

s-NCM_0055.jpg

いつものお引き渡しツールをお渡しして、機器のご説明をして、書類にサインをいただき、お引き渡し完了です。

お引き渡し後もなかなか去りがたく、あちこち確認を繰り返します。
当社では、4か月程度で工事が終わりますが、4か月といえば季節を2つまたぎます。
学校で言えば一学期が概ね終わります。

それだけの期間、毎日通っていた場所に明日から来なくなりますので、いつも感慨深く、業務上の確認がなくても、家の中をウロウロしてしまいます。

ホッとするとともに「さびしいな」。と思うお引き渡しの一日。
今まで何十軒とお引き渡しをしてきましたが、なかなか慣れることができませんね。

s-P4180011.jpg



 

入間のガレージハウスオープンハウス終了!

「入間のガレージハウス」オープンハウス無事、終了しました。

s-DSCF6621.jpg

土曜日は冷たい雨が降る寒い日の開催になってしまいましたが、両日ともにご来場いただいたみなさま。ありがとうございました!

s-P4140008.jpg

今回は、当社久しぶりの2階建てということで、今までのオープンハウスにご来場いただいていた皆様にも、新鮮だったようです。
ただ、当社のガレージハウスづくりのコンセプト。

「生活とガレージの区別をきちんとつける」
「水回りは同フロアに」
「お子様のスペースは御両親から見えるように」
「家事動線はなるべく短く」

以上をきちんと守ったお宅になっていますので、ご参考にしていただけたと思います。


今回、やっぱり好評だったのはこの「鉄棒」

s-P4140010.jpg

玄関を出て、すぐのところにあるので、ご主人は懸垂トレーニングをしないと出勤できない・・・・!仕掛けになっております!



 

大風一過

昨日は、翌日の足場撤去にむけて、外部の点検作業を行っていました。

天窓の掃除をして、

P4030007.jpg

屋根から見るこの景色も見納めだな。
なんて思っていたら。

P4030008.jpg

午後からすさまじい暴風雨。
足場の必要な外部の残作業は、終わっていたのですが、暴れる足場で、せっかく仕上げた躯体が破損しては大変。と、夜になっても暴風にあおられながらの足場補強の作業は続き、終わったのは、夜になってから。

眠れない一夜を過ごし、早朝、現場確認へ。

大風一過!
風見鶏さんも無事でした!

NCM_0017.jpg

外部にも破損はなく、足場撤去を無事行えました。

P4040031.jpg



 

鉄棒

現在施工中の入間のお宅に取り付け予定の「鉄棒」です。

s-P3160019.jpg

施主さんのトレーニング用として取り付けますが、車庫スペースに取り付けるため、あまり低すぎると頭をぶつけてしまうし、あまり高すぎると手が届かない・・・。

で、施主さんに手を実際にのばしていただき、高さを測定。設置高さを決めました。

握る部分は鉄素材そのまま。
受け部分は、鉄骨にさび止めを施し、塗装します。

PLAN段階ではそれほど難しいとは思わなかったんですが、高さ、構造、納まり、仕上げとなかなかやり応えのある造作でした。

落っこちると大変なので、取り付けは、溶接とボルト止めの2段構えです。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。