スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

本業を大事にすること。

以前も書きましたが、連日届く○総研のチラシ。
相変わらず、「こうすれば、年間50棟達成!」、「普通の主婦が、創業1年目に、80棟の新築受注を達成!」なんていう内容。
コレだけ、儲かる手段があるんなら、つぶれる工務店なんかないなあ・・・・。とため息の出てしまうような内容。

そんななか、最近は、このチラシの傾向、変わってきました。

一つは、「これからは、高齢化社会になるので、葬儀屋さんに転業を・・・・」。
というような、他業種への転業を進める内容。

つい、この間までは、こうすれば、建築業界でやっていける!というチラシをいっぱい入れていたのだから、その通りにやっていれば、他業種に変える必要なんか無いはずなのに・・・・。

もうひとつの傾向は、「新築、リフォーム業界NO.1○○工務店が地域一番店に急成長したノウハウを一気公開!」という内容で、その会社の社長が、「直々に」ノウハウを教えてくれるというもの。
そんなにいい方法なら、誰にも教えず、自分だけでやっていれば良いのに・・・。と私なんかは思うのですが。

そのなかで、一番最近の届いたチラシに出ていた会社は、どんな会社か・・・。ネットで調べてみると、なんと、当社のすぐ近くの会社。

創立は、4年前。

たった4年で、そんなすごいノウハウが蓄積できるの?
また、1年目に、そのすごいノウハウが完成したとしても、実践しているのは、たかだか3年くらい。

そんな短い期間で、ノウハウの確立ってできるものなんでしょうか・・・。

また、「地域1番店!」であれば、競合でぶつかったり、工事の際のシートや、案内板等見かけるはずなんですが、1件も見たことありません。

最近の、設計事務所や、工務店の社長さんは、HP作成、CG作成、宣伝チラシの作成から代理店との交渉まで自分でやってしまいますし、デザインやWEB制作に関しては、その辺のデザイン事務所なんかかなわないくらいの実力を持っている方もいらっしゃいます。

そうすると、「建築業やっているより、こっちやったほうが儲かるかも・・・・。」とHP製作、CG製
作のノウハウを公開することを副業とし、いつの間にか、本来の建築業務はおざなり・・・・。という会社になってしまう事例もあります。

ある会社は、「現場で使える○○マニュアル」、「こうすればうまくいく15のポイント集」、といった他社にノウハウを教えるツールは山ほどあり、社長は講演活動で、日本中を飛び回っている。
なのに、実際の仕事をまとめた施工事例集は一冊もない。

社長は、こういった活動に一生懸命で、本業である建築は、ほとんどやっていない。
いろんなノウハウを社長は唱えているけど、社員は、だれもそれを実践していない。

でも、こういった活動の収益があるから、会社は潤っているし、社員は誰も文句を言わない。
業界では、知られているけど、近所のお客さんには、まったく知名度がない・・・・。

私も、HPを自分で作ったり、CGを作ったりしますので、あるいは・・・・。なんてよこしまなことを考えることはありますが、やはり、本業を大事にしていきたい。

他人はどうあれ、自分の本業が何か、と常に考えてやっていくことが、すべての行動の基本としていきたいと思います。



 
スポンサーサイト

調子がいいときは・・・。

3連休の2日間は、仕事だったんですが、1日は、我孫子のガレージハウスの施主Kさんと、印西市の「凸凹ランド」へ走りに行ってきました。

当日は、夏が帰ってきたかのような暑さ。
このコースは、木陰や、ベンチもあるので、ほとんどの時間は、こんな感じで、バイク談義に花を咲かせます。

Kさんのお友達が持ってきた、「ミニモト」と呼ばれるバイク。
50CCのバイクを改造したもので、最近は、ちょっとしたブーム。

実際に見るのは初めてだったんですが、ちょっと乗せてもらいました。

はたから見ると、完全にオーバーサイズですが、れっきとした大人用。
慣れてくると、BMXのように、3連ジャンプを飛んだり、大変楽しそう。
ただ、なかなか慣れず、まっすぐ走るだけで精一杯。
コース一周で、終了!となりました。

このコースは、昨年の「ピットクルーカップ」で、表彰台に載ったりしたこともあるゲンのいいコースですが、8月からコースが逆廻りとなり、まるで、別コース。
どうもリズムに乗れず、ここしばらく調子のいいこともあり、かなりムキになって走っていると、「ウォッシュボード」と呼ばれるセクションへとんでもないスピードで突っ込んでしまい、バイクから振り飛ばされる大転倒。
しばらくコースのまんなかでのたうち回るほどの状態。

まだ、医者に行っていないのでわかりませんが、左わき腹、左足の付け根の鈍痛、左薬指の突き指・・・。以前、アメリカのラリーで大転倒して、アバラ骨にヒビが入ったときと、同じ痛みなので、どうやら、今回も・・・。

何事も、調子が良いときは、控えめにしないとダメですね・・・・。
 

桜の木欲しい方。いらっしゃいませんか?

10年以上お付き合いのあるお得意様のN様宅のお庭に生える樹齢20年の桜の木。
春になると、キレイな花を付けてくれます。

ただ、植えてから年月が経ち、桜の木を取り巻く環境も変わり、この場所に植えておくことが難しくなってきました。
枝の整理や、手入れに手間もかかることもあり、今回、伐採することになりそうです。

ただ、せっかくの大きな桜の木。
捨ててしまうのも、もったいないので、なんとか生かしてあげたいです。

桜の木は、移設が難しいといいますが、引き取っていただける方。いらしたら御連絡ください。

また、こういった木の活用について、御存知の方いらっしゃいましたら、教えてください。

場所は、当社近所の東京都板橋区前野町です。
 

ブルカップR3

前回は、急遽入った業務のため、第2戦は参戦できなかった「ブルカップ」のシリーズ戦3戦目に参戦してきました。

コース全景は、こんな感じ。
雨にたたられた第1戦とは、うってかわり、ドライコンディションでのレースです。

前回に続き、スタートがうまく決まり、3周目までは、3位。

なんとか、トップ2台にくらいつき、走行していましたが、基本的な体力不足で、ずるずる後退。
気が付くと、7位くらいまで順位を下げていました。

ドライコンディションとはいえ、このコース名物の巨大水溜りは健在で、3周も走ると、全身泥まみれ。


周回遅れを抜いているうちに、泥まみれで、ゼッケンが判別できないため、どれが、トップグループか、周回遅れかわからない混戦状態に陥り、自分の順位は、ゴールしても結局わからない状態に。

6位か、8位くらいかな?と思っていたのですが、リザルトを見ると、総合3位、クラス3位!
このシリーズ戦初の表彰台!
足掛け3年、6戦目にして、初の表彰台でした。
渋滞も途中あったため、これの処理と、2人~3人で参戦の方もいたため、交代のすきに前に出られたようです。

今回は、「MWORKS・・・・」のチーム名で参戦。表彰式で、主催者の方が、チーム名を読んでくれたため、参加者の方何人かに、「ブログ読んでます。」と声を掛けていただきました。

いただいた記念プレート。
とてもかっこいいデザインです。

ただ、残念なのは、このレースがこのコースで主催されるのは、今年で最後とのこと。
豪快なストレートと、メリハリの利いたテクニカルセクションが両方楽しめるこのコースでの開催は、20年も続いていただけに、大変さびしいです。

次回、11月開催予定の第4戦が、この豪快なコースを味わえる最後になります。




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。