スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

こんなサービス

バイクには趣味として、20年乗っています。

一時期は、バイクに関する仕事をしようか、建築にしようか、迷った時期もあったほど。

そんな私の経歴を知っている、これからお家を建てるという施主様から、これからバイクに乗りたいんだけど・・・。というご相談をいただきました。

お聞きすると、すでに買おうと思うバイクもある。ということで、今回購入された土地の近くのショップに、ご一緒しました。

車体は、15年前のSR400という車体。
シルバーグレイの色で、けっこうな走行距離。

ただ、最近の車体にはない、渋みのある雰囲気が施主様の嗜好に合ったようです。

中古車を選ぶときは、いくつかポイントがありますが、一番大事なのは、その車体を所有する方の条件に適合するかどうか。

たとえば、整備もそれなりにできる方であれば、ブレーキパッドやタイヤが消耗していても、自分で交換すればいいわけで、その分、安い車体を選べば良い。
ショップさんとのかけひきで、「この部分、この走行距離にしては傷みが激しいから、その分値引きしてよ、」。なんて交渉もできますし、自分で車検を通したり、書類を作ったりすることもできる方ならば、車検や、ナンバーの付いていない車体を選ぶこともできます。
これらの作業を自分でやると、10万円は節約できます。

整備にあまり自信のない方であれば、なるべく部品交換や調整の必要のない車体を選ぶ。
または、値引きを頼む替りに、部品の交換を「納車整備」と言われる納車の際にしてもらう整備のついでにやってくれないか・・・・。とお願いしたり。

ただ、整備のおぼつかない方は、どこがどんな風に消耗しているのかもわからないですから、経験のある人に一緒に来てもらうのが必要です。
その際、ハンドル部分や、サスペンション等、直すのにコストがかかる部分に関しては、「直すのにお金がかかっても、その車体がほしいかどうか」の判断も必要になってきます。

そんなアドバイスもしてきました。


今回の車体、走行距離は、かなり多いので、完調状態にするには、ちょっと検討の余地あり。という感じだったのですが、金額の安さと、「青山さんに整備のできるガレージを作ってもらうから、そこでじっくり整備をするからいい」。とのお言葉で、購入を決定。

いいガレージを作って、整備をしてもらおうと思います。

その際、整備方法や、工具の選び方なんかもアドバイスさせていただこうと思います。


私に依頼いただくと、こんなサービスもついています・・・?

 
スポンサーサイト

色とりどり

10時と3時に、職方さんに、タイミングよく休憩をとらせるのも監督の仕事です。
また、現場にいないときでも、なるべく「いい」タイミングで現場に行くようにしています。
作業中に打ち合わせをさせると、その分作業もおくれますし、なにより、落着いて打ち合わせができません。

そんなところも、「監理」、「管理」のテクニックだと思います。

ですので、建築家の方とお仕事をしているとき、こういった時間にタイミングよく来て、打ち合わせをさっと済ませていくと、「お、こいつできるな。」と思います。

逆に、とんでもない時間にきて、職人さんに作業を中断させて、延々打ち合わせをさせるような人は、「こいつ、素人さんだな。」と判断してしまいます。

さらにそんなとき、缶コーヒーや、ペットボトルをもっていくと、さらにスムーズにいきます。
当たり前のことですが、やっぱり、もらえると、誰でも気分がいいですから。

「そんなの関係ないでしょ。あんた達仕事をしているプロなんだから。」

なんて、言い放った「監理」の方もいらっしゃいましたが、スムーズに行くための方法があれば、それにこしたことはありませんし、やらない理由も無いと思うのですが・・・。。


改めてみると、缶コーヒーって、本当にいろんな種類があります。

職方さんに買っていくと、ちょっとした量になりますから、「シールを集めて応募!」なんてことがあると、とってもたくさんためることができるのも、監督の特権。

以前、「ジョージア」の「がんばってパーカー」の懸賞があったときは、職方全員に、「ジョージアを飲め!そして、シールはすべて俺に渡せ!」令を出し、シールを200枚以上集め、20口以上応募したことがありましたが、すべてはずれ。

以来、シールは集めていません・・・・。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。