スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

やっぱり東京が好き。

前日、いつものように、大プレッシャーを感じながら、AM1時まで初回のPLANの手直しを行い、翌日、金物のチェック及び水道業者さんとの打ち合わせで、AM7:00に川崎のガレージハウスへ。
久しぶりに走る、早朝の首都高3号下り線から、キレイな山並みと富士山が見えました。

都会のビル郡、首都高速のバックに、美しい山並みと富士山がとてもキレイです。

無機的で、直線的な造形物のなかに、ふっと自然が顔をのぞかせる景色は、東京にしかないものです。

道も狭いし、家を建てるときは法規も大変。土地も高いし、敷地も絶対広さはコンパクト。
建築という仕事をするには、大変なところですが、こんな光景を見せてくれる東京という街が、やっぱり私は一番好きです。
 
スポンサーサイト

欲しい車体

お天気が心配ですが、11日は、上棟の予定です。
土台敷きもここ数日のお天気の様子をみながらですが、明日かあさってに行なう予定です。

そんな感じで、週末もほとんど何か業務が入っているか、たまのお休みでも先週のように大雪だったりで、ちっとも進んでいない限定解除の教習所通い
卒業検定も含めて、あと3回程度乗りにいけばよいのですが、ぜんぜん行けません・・・・。

また、レースや練習も、ちっとも出かけられず、バイクに関しては、かなりなまってきてます。

仕事面では、現場に出てるんで、体力的にはかなり充実してますし、ここしばらく、本当に一生懸命で、気持ちのいい施主様にたくさんお会いできていますし、土地さがしも絶好調なので、気力的にも非常に充実しているんですが・・・。

限定解除をとったら、当然大きな排気量の車体を手に入れたいと思っていますし、春になったら大型バイクを手に入れた施主様たちとツーリングでも・・・・。なんて思っています。

で、欲しい車体はこれです。

BMWのR80GSBASICという車体です。

BMWというと、車の方が有名で、バイクを作っていることをご存知で無い方も多いですが、BMWのバイクというのは、その質実剛健なつくり。エンジンのシリンダーが横を向いている「ボクサーツイン」という形式。チェーンを使わない「シャフトドライブ」という個性的な機構等で世界中のバイカーに愛されています。

このR80GS BASICは、1996年~1998年に生産された10年以上前の車体です。
近年の大型車は、機構が複雑すぎ、故障→ディーラーへ。という流れがほとんどの昨今。「いじりながら楽しめる」時代の車体です。
また、800CCという排気量ながら、林道走行や、ラリーレイドもこなしてしまう走破性も備えていますので、ガレージライフと、オフ走行の両方を楽しみたい私のようなものにはうってつけのマシンです。

ただ、この車体。BMWの創立70周年を記念して発売されたモデルで、日本国内に輸入されたのは、200台前後というレア車。
限定解除と同じく、この車体も手に入るのは、一体いつなんでしょうか・・・・。 の日々です。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。