スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

佐倉のガレージハウスオープンハウス開催します。

現在、千葉県佐倉市に建設中のガレージハウスのオープンハウスを開催します。

sgaibu.jpg

北側に4台のバイクが収容できる電動シャッターのインナーガレージを備え、トランポからの出し入れもしやすい配置に。
奥様の趣味室も備え、ご家族の生活とガレージライフを適度に切り離したレイアウトの、緑あふれる敷地に建てられたガレージハウスです。


思いっきりガレージライフを楽しみ、ご家族との生活も両立させるレイアウトをぜひご覧ください。

以下要綱にて開催します。 


開催場所 : 千葉県佐倉市(お申し込みいただいた方に現地地図を送付します。)

  
○ 開催日程 : 6月22日(土)・23日(日)


※ 施主様のご好意で開催していただく、オープンハウスですので、完全予約制とさせてい
  ただきます。
  匿名のお申し込み、当日参加は、お受けできません。
  また、建築地の住所のみのお問い合わせにはお答えできません。

  業者の方、取材の方、設計者の方は別途お問い合わせください。
  

◎ 以下、申し込みフォームにご記入いただき、コピーペーストのうえ、MAILにてお申し込みください。
  

送付先 : ㈱M WorksProjectAoyama 青山宛に以下アドレスにて送付ください。

       aoyama@mworkspj.com

-------------------------------------

「佐倉のガレージハウス」オープンハウスに申し込みます。

・ 代表者のお名前 :  

・ ご連絡先TEL :  

・ ご連絡先MAIL :  

・ ご住所 : 

・ ご来場日時(ご来場日時のみ残して、送付ください)
  取り消し線の入っている日時は、すでにご予約が入っておりますので、お申し込みできません。

    
※ お申込みは締めきりました。
 閲覧いただき、ありがとうございます。


     
・ ご来場人数 :   成人の方       :    人

            15歳以下のお子様 :    人(  歳)

sPB110006.jpg

 
スポンサーサイト

2VGSとイス

キャンプに出掛ける時は、荷物はコンパクトに少なく。
特に、バイクのキャンプツーリングの際は、徹底する必要があります。

ただ、そんな装備のなかで、「無くてもいいんだけど、あると絶対に豊かにキャンプが楽しく過ごせる」ツールがあります。
なかったらなかったで、絶対ダメなものでもありませんが、あるとキャンプ生活が絶対豊かになるツール。それが「イス」です。

私の場合かなり大きいですが、普通のキャンプで使うような折りたたみ椅子を持っていきます。

P5190012.jpg

このイス。折りたたんでも、1M近くあるけっこう大きなもので、バイクで持っていくにはちょっとオーバーサイズなんですが、GSの場合、パニヤを取り付けた幅とほぼ一緒なので、わりと違和感なく積んでいけます。

P5190021.jpg

で、先日の2V会議のGS乗りのみなさんは、それぞれ個性的な椅子を持ってきていました。

P5190011.jpg

面白かった椅子は、この「ALITE(エーライト)」というメーカーのモナークチェア。

P5190014.jpg

脚が2本しかありませんから、自立しません。

P5190015.jpg

座った人の「脚」でバランスを取る構造になっています。
一見不安定なように思えますが、座ってみると意外と快適。
通常着座からリクライニングまで自由自在。
脚が少ないので、軽量コンパクト。バイクツーリングには最適な一品です。

alite.jpg

そして、もうひとつ。
このいい雰囲気の「カーミットチェア」

P5190010.jpg

折りたたみ式の木製コンパクトチェアですが、リクライニング具合がとっても快適。

オーナーさんお手製のパニアを使ったテーブルとのセットは、THE GS乗りのキャンプ!という感じでとっても素敵です。
ぜひ、手に入れたい一品ですが、お値段が少々高価・・・。

P5190007.jpg

GSという汎用性の高いオートバイに乗るみなさんは、野外生活のキャリアも豊富。
個性的なみなさんの装備を見るのも、なかなか楽しいです。

KIMG0305.jpg
 

全国2V会議2013春!

昨年に引き続き、OHVエンジンのBMWを愛好する皆さんの会。
全国2V会議2013に参加してきました。

P5190020_20130522221550.jpg

今年も中央アルプスのふもと、駒ヶ根にたくさんのGSが集まりました。

P5190017.jpg

昨年は、釣り、林道走行、キャンプとめいっぱいこの集まりを楽しんだのですが、今年はお仕事がなかなか落ち着かず、出発したのは、お昼過ぎ。
しかも、リヤのシャフトオイルが漏れだし、リヤタイヤがオイルまみれになった状態で高速を走るというかなりオソロシイ状態でようやく集合場所に到着するというていたらく。

それでも、1年ぶりにお会いするGS愛好家の皆様との交流は、今年もとっても楽しいものでした。

KIMG0309.jpg

翌日は、昨年に引き続き、この会のメインイベント。
たくさんのGSをならべての撮影会。
楽しくもめつつ?配置を決めていきます。

P5190023.jpg

で、今年も、最高の笑顔とGSがそろいました。
秋にも開催されるそうなので、次回は、ちゃんと参加できるよう、がんばりたいです!

579388_374799192638022_1419422864_n.jpg




 

着工

上尾市でクルマとバイクを「同時に収納出し入れできる」ガレージハウス建設が着工しました。

今月に入ったころは、なにも生えていなかった敷地ですが、この時期の植物の成長速度はすごいですね。
けっこう太い雑草があちこちに。

sP5200009.jpg

そんな雑草も、根こそぎ引っこ抜くように「根切り」をしてしまいます(^_^;)

sP5200016.jpg

同時進行で、仮設の水道、仮設トイレのための給排水の配管も出しておきます。

23区外の工事になるので、いつものように、水道屋さんは初対面。
毎度毎度、お仕事を実際に始めるまでにはドキドキなんですが、今回も問題なく作業開始。

sP5200019.jpg

担当の方もオフ車乗りとのことで、そちらの交流も楽しみです。




 

今年のGWは。

今年のGWは、前半にアサマを走っただけで、連休中に設計1件と工事契約1件のご契約をいただく予定があったので、ずっと事務所には居たのですが、ご契約書面の準備を行っていました。

P5060001.jpg

特に工事契約の場合、契約書、内訳書、約款、工事図面、設備図のほか、ご請求書面や、サインいただく瑕疵担保法の書面等、かなりのボリュームがありますので、複数の人数でダブルチェックをしていても、必ずミスは見つかりますし、「あ、ここ加筆したいな。」というところがあって、修正すれば、せっかくCADデータからPDF化した図面をすべてCADデータに戻してやりなおし。
部材の拾い直しなんかがあれば、図面だけでなく、内訳書も修正して、すべての書面に整合性をもたせなければなりません。
工程表も添付するので、各職方さんの日程確認、部材の在庫状況、現場周辺の状況、役所や確認申請の状況も再考して、お出しした工程表から大きく外れることのないように工程の裏付けをとったうえで、作成します。

また、直前のお打ち合わせで変更事項があれば、その修正書面も作成します。
そんなことをやっていると、平気で1日2日は経ってしまいます。

そんなこんなで、書面をそろえていたところ、コピーとプリンターの複合機と、バックアップ用に備えていた、もう一台のプリンターが立て続けに故障。
あわてて修理に出し、プリンターは治りそうもないので、新しいものを購入。

・・・なGWでした。

そんなこんなでも、無事、サインをいただき、現在施工中の「佐倉のガレージハウス」に続き、秋にはもう2棟の個性的な新たなガレージハウスが完成します。



あまり時間はとれなかったんですが、毎年恒例デッキでのBBQは実施。

KIMG0273.jpg

お天気も気候もよかったので、気持のいいお外での食事でした。








 

消費税UP

来年UPする予定の消費税について、具体的なお話をする案件が出てきました。

消費税UPが実施される前後期間については、我々のような大きな金額を扱うお仕事をしている者にはかなり切実です。

施行時期は、

平成26年4月から8%。
平成27年10月から10%

但し、この消費税増税には、条件が付けられてて、「経済状況を鑑みて、消費税増税を停止することまで含めて柔軟に対応する・・・。」そうですが、お国の「税金」や「ナントカ保険」が翻ったためしというのはあまりありませんから、実施するのはまず間違いなさそうです。

で、我々が気になるのは、家を建てるにあたっての影響。
建築工事というのは、設計も含めて期間が長いですから、この時期をまたいだ場合、 どんな風に適用されるのか?

原則として、「契約日が施行日前であっても、課税資産の譲渡等が施行日(平成26年4月1日(8%)、平成27年10月1日(10%))後の場合には、改正後の税率が適用される」そうですが、消費税UPの「施行6か月前」に契約を締結していれば、以前の税率のままでよいという「経過措置」があります。

具体的には、

「6か月前」の平成25年9月30日までに、住宅請負契約を締結しておけば、平成26年4月1日以降に引き渡しをしても、消費税率は5%。
10%施行前の、平成27年3月31日までに請負契約を締結しておけば、平成27年10月1日以降に引き渡しを受けても、消費税率は8%。

となるそうです。
要するに、今年9月30日までに請負契約を締結しておけば、消費税5%で家は建つ・・・というのが、住宅建設に関する消費税の扱いなんですが、建てる際に必用なキッチン等の住設機器、コンクリート、木材なんかの扱いに関しては、今一つ不明確です。

契約自体は消費税UP前の金額で、作るための材料は消費税UPした金額で仕入れて・・・。となるとかなりしんどくなってしまいます。

そのへんのところも、きちんと調べておく必要がありそうです。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。