スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2014年も終わりです。

例年書いておりますが、例年のとおり。今年も大晦日、元旦関係なくお仕事しております。
このご時世にも関わらず、今年は大掃除どころか、初詣すらあやしい「ありがたい」状況でございます。

最後の記事は、せめてガレージハウスビルダーのライダーらしく、南米ダカールラリーに挑むホンダチームの応援を・・・。

trimingtop_l.jpg
http://www.honda.co.jp/DAKAR/

あのNXRの勝利から27年。
ワークス参戦復帰3年目のホンダダカールチーム。
まだまだ強いKTMの牙城を崩せていませんが、今年こそ優勝してほしいですね!

そのホンダのワークス復帰プロジェクトがマンガで読めるこのサイト。
https://www.hondard.co.jp/portal/comic/index.jsp
pdf_img_011.jpg

これを読んで、DAKAR中継を見るのも楽しいと思います!

それでは、みなさまよいお年を!!





 
スポンサーサイト

今年のシステム改編

設計業務や現場の進行にはなくてはならなくなったパソコンやネット。
図面はCADで書き、連絡や通信はMAIL。
職人さんもほとんどが使えるようになった2代目、3代目さんに入れ替わってきましたので、彼らとのやりとりもMAILや、パスワードをかけた共有クラウドで閲覧。なんていう状況が当たり前になってきました。

これらの機器やシステムがそろっていなかった、20代のころは、どんな風に業務をしていたか思い出せませんね。

で、今年いっぱいかけて、システムを構築しようと思っていたのがこちら。

trimingKIMG0117.jpg

図面をPDF化して、モバイルに収めておく。
容量の大きい設備おさまり図や、カタログもクラウドにあげておいて、必要な書面を随時取り出せるように。
現場からお打ち合わせまで、これ一枚持っていればすべてOK。
もう、分厚いカタログや図面を持って歩かなくても済む!

と思っていたのですが、いざやってみると、なんかしっくりこないんです。
なぜかはわからないんですが、なんとく、書面を全体的に見回すことができないというか、なんとも・・・・。

所内で仕事をしていても、かなり大きなディスプレイに表示しても、いまひとつ効率が悪い・・・。

結局、この方式に戻ってしまいました。

trimingKIMG0119.jpg

デジタル化に完全移行しようとして、なかなか進まないものに、当社ではCGと模型があります。

tyooukij.jpg

ほとんど、実際と変わらないスケールで作ることができますし、施主さんの身長にあわせた高さで視点設定したCGでも、完成してみると、色合いなんかは再現できているんですが、スケール感というか、物理的なイメージがなんか違う。

tyoukantriming.jpg

結局、模型とCGパースを並行してやっています。

trimingPC120014.jpg

バイクとか車のおさまり具合のイメージも、模型のほうがわかる気がします。

trimingPC120019.jpg

時間をかけて、室内を実際に歩いているようなイメージのCGウォークスルー動画をつくってみたのですが、つくる手間のわりには、施主さんにイメージが伝わらないみたいで、さいきんはつくっていません。

いろいろ便利な新しいものが出てきますし、使いこなせるようになっても、それが実際に役に立つかはわからない。
それがひとつわかった、今年のシステム改編検討でした。







 

施工を請け負うものの財産

当社で新築されてから3年目のお宅から、排水がつまってしまったようで・・・。とのご連絡。

そのお宅からはなれたところで、お仕事をしていたため、すぐに施工をした水道屋さんに電話。
用事をすませて、現場にいくと、すでに水道屋さんが到着。作業はほぼ完了していました。

564458798.jpg

3年近くも問題はなかったので、施工上の問題はなかったので、すぐに解決。
このお宅を施工した業者さん、職人さんだったので、段取りも作業もスムーズでした。

どんなに作業を慎重に行っていても、イレギュラーなトラブルとか、お住まいになってからいろいろ改善点は出てきますし、水道や電気に関しては、なんといってもそこを施工した職人さんが看ていくのが大事なことだと常々思います。

そのために、我々設計施工者が心がけなくてはいけないのは、常にレギュラーの業者さんといい関係を築いていくこと。
今回のケースでも、「11年に施工したあの・・・・。」と話をしただけで、「あ、あの2階建てのお宅だね。いってきますよ。」とお話した30分後には、もう、作業を始めていました。
常に一見さんの業者に作業をさせていたり、発注金額がきちんときまっているにも関わらず、支払いを渋ったり、目先の利益だけのために、あからさまに少ない金額で「叩いたり」するような付き合いをしていたら、こんなにフットワークよく動いてくれることはまずありません。

建築業界のお仕事に限らず、一般のみなさんのお仕事でも、けんか別れした業者さんとか、1回しか発注しなかった取引先の方が、しっかり動いてくれますか?

職人さんや業者さんと継続して、いい関係を築いていくこと。
それを、継続させていくこと。
それが、施工を請け負うものとしての責任だと思いますし、。財産になりますので、これからも大事にしていきたいものです。


2年も経つと、施主さんのガレージライフも軌道に乗ってますね。
こちらのお宅は、ベビーカーとZZRが同時に鎮座する、ご家族とともに楽しむガレージライフ・・・・。を楽しまれてました。

KIMG0105_2014121518561841e.jpg


--------------------------------------------------------------------------------


詳しいガレージハウスの情報は、ホームページをご覧ください!

公式facebook ページです。
「いいね!」をお願いします!






 

かっこいいけど使っちゃダメです。

現場の仕切りを初めて、20年近く経ちますが、工法や現場の雰囲気、道具等、新しくなったもの、なくなったものいろいろ出てきています。

なくなったものの代表格はおそらくこれ。

trimingKIMG0099.jpg

私が仕事を始めたころは、作業をする方々の喫煙率は高く、「ちょっと一服」が本当にちょっと一服。でした。
新人監督の私の仕事も、現場から帰る前は、現場用灰皿をきれいにしておく。なんて仕事もありました。

最近は煙草を吸う職人さん自体が減ってきたため、これを設置する必要がなくなり、私の現場からは姿を消しました。
私の現場で喫煙をするのは、せいぜい2、3人。その人たちも携帯用灰皿を持ち、現場の外で喫煙をします。
そもそも、燃えやすいものの多い作業現場でタバコを吸うなんてのは言語道断。

私の仕切る現場内での喫煙は絶対禁止です。


さらに、私の現場ではラジオをかけながらの仕事も禁止です。
ただでさえ、作業音の出る現場で、ガンガンラジオをかけながら仕事をしたら、どれだけご近所に迷惑をかけるか。
一昔前の現場では、当たり前にみられた光景でしたし、周りに家屋のない、ご近所迷惑にならない現場ならよいのかもしれませんが、普通に我々が作業をする住宅街では絶対禁止です。

で、この商品です・・・・

mr103_big.jpg

マキタ現場ラジオ

はっきりいって、すごくかっこいいです。
スペックも、

・充電ドライバーや、グラインダー等のマキタの電動工具と同じバッテリーが使用可能。
・BLUETOOTHで、iphone、ipadと連動可能。
・エラストマバンパ&フロントメタルパイプにより現場に適した頑丈な設計。
・防水仕様のタフネスボディ。

最強です。

「現場用」と銘打ってます。

ほしいです。


でも・・・・。

私の現場への持ち込みは禁止です。








 

トリミングテーブル製作

先々週の3連休は三日ともお打ち合わせ&ご契約。
先週の週末は土、日ともお打ち合わせ、平日は図面作成、模型作製とひきこもり気味のここ数週間。
そろそろ林道も今年は閉鎖の情報も入ってきて、今年最後の走りにいきたいところですが、それ以上に、来年早々着工させていただくお仕事がありますので、なにより今はそれが最優先。
黙々と作業を続けております。

そんななかでも、お打ち合わせの合間の時間を使って、マロン用のトリミングテーブルを作ってみました。
市販品はこんなです。

pync850653.jpg

毛を刈ったり、ドライヤーをかけたりするのに、今まではお風呂でやっていたのですが、そろそろ図体が大きくなってきて変に小知恵の利くようになってきましたので、奥さんがかなり悪戦苦闘するようになってきました。

trimingKIMG0065_201412012113230e9.jpg

そのために、このトリミングテーブルがほしかったのですが、いざ買うとなると、「決して買えない値段ではないのですが、それほど頻繁につかうほどのものではないので、買うには惜しい金額」で、なかなか購入できずにいました。

じゃあ、作ってしまおう。
ということで、ホームセンターで資材を購入。

trimingKIMG0067.jpg

テーブルに取り付けるクランプに穴をあけ…。

trimingKIMG0069.jpg

棚板受け柱にビスで固定。

trimingKIMG0070_20141201212402bde.jpg

棚板受けを取り付けて完成。

trimingKIMG0071.jpg

この棚板受けは、先端に丸い穴があいていますので、リードを取り付けるのもワンタッチ。
棚板の高さを自由に変えられる受け金具ですので、作業によって高さを変えることができます。

trimingKIMG0074.jpg

実際にマロン君を取り付けてみて、バッチリOK!

trimingKIMG0072.jpg

ちょっとモロそうに見える棚板取付柱ですが、多少の動きでは問題なし。
ただ、お聞きした話によると、この柱やリードは、あまり丈夫につくってしまうと、万一、犬がテーブルから落ちた場合、「首吊り」になってしまうので、そんなときは壊れるくらいが適切な強度。ということで、これを採用。
転落したらクランプが外れるくらいの強度。

早速、お風呂ではなかなか刈れないお腹と足の裏の毛刈り。

trimingKIMG0078_20141201213539ee2.jpg


作業効率抜群です!

¥1480の折りたたみテーブル、¥280のクランプ、ディスプレイ可動棚の金具と、それに取り付ける板ガラス用の棚受け。
総額¥2200也でつくることができました。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。