スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2016GSトロフィー

BMW GS乗りのイベント2016GSトロフィーに参加してきました。

GSKIMG0892.jpg

今年は西日本の鳥取県と、ここ、福島県羽鳥で開催されました。

今回も、200台以上のGSが大集結。

GSP6040002.jpg

先日、ニュースでも紹介されていました発泡スチロールハウスなんかがあるリゾート地「レジーナの森」で開催されました。

GSKIMG0893.jpg

GSKIMG0896.jpg

プログラムは、ダートを含むものの、例年よりちょっと短い40KMを走る「コマ図ツーリング」

GSP6040005.jpg

スキー場のゲレンデ特設コースを走ることができる走行会。

GSP6040011.jpg

そして、2年ごとに開催されるGS乗りの世界大会参加のメンバーを決める選考会。
こちらにも参加してきました。

GSKIMG0895.jpg

この選考会は、ライディング技術はもちろんですが、速さよりもいかに確実に、GSというオートバイを使いこなすかということを見られるテストが行われます。
参加者は800cc~1200ccの大型GSでスキー場に設置されたコースを与えられた課題をクリアしていくことを要求されます。

GSKIMG0894.jpg

どんな課題が行われるのかは、直前のミーティングまで発表されませんので、事前の準備なんかもできません。

GSP6040015.jpg

私は30人ほどの参加者のなか、抽選で8番目にスタート。
まずは、決められたスタート地点から「走って」バイクに駆け寄り、エンジンスタート。

GSP6040017.jpg

「右手で」台の上に載っているコーンを取り、規定のコースをぐるっと回ってコーンを置き、

GSP6040018.jpg

8の字を描くようにコースを廻り、

GSP6040019.jpg

スキー場の斜面を駆け上がり、斜面に設置されたコーナーを周回。

GS13339479_620092838153559_2365436773979257405_n.jpg

さらに斜面に設置されたスラロームを足をつかないようにクリア。

GSP6040021.jpg

ボックスに入って手を挙げて完了!

GSP6040022.jpg

というタスク。

「右手」でパイロンを持つということは、アクセルの操作ができない状態で走らなければならないわけで、電子制御で燃料噴出を調整できる現行車両と違い、キャブレター調整が必要な20年前の私のGSなのですが、事前に調整を行わなかったために、最初のセクションでエンスト&足つきで致命的なペナルティを受けてしまい、ほぼ選考外となってしまいました!

選考会終了後は、「レジーナの森」にある「レイクレジーナ」でトラウトのルアー釣りです。

GSKIMG0897.jpg

40CM前後のそこそこのサイズを釣り上げることができました。

GSKIMG0901.jpg

夜は、選考会に選ばれたメンバーの表彰と、パーティー。

GSP6040029.jpg

さっき釣ったお魚も宴のおつまみに加えていただき、この日は終了。

GSKIMG0906.jpg

翌日も、2日目のコマ図ツーリング等もあったのですが、この日は片づけて帰宅。
最高のお天気のGSトロフィの2日間でした。

GSP6040004.jpg



 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。