スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

テレビコンセントの位置

テレビのコンセントは、一昔前。というより、ほんの2、3年前までこのくらいの高さがスタンダード。

sawaskonsen2.jpg

床から20CMくらいの位置に電源、テレビのアンテナのコネクタを設置。
これが隠れるくらいの高さにローボードを設置。そこにビデオデッキやビデオテープを入れておく・・・。というのが標準仕様だったんですが、最近は、こんな位置に設置するお宅が増えてきました。

sawaskonseniti1.jpg

床から1M前後の高さにこれらを設置。
コンセント周辺には、下地を入れておき、テレビは壁に固定。
これで終了。

薄型テレビには録画機能が備えられているものがほとんどですから、デッキは不要。
テープやDVDも、番組はデータ化してテレビに記録されますので、納める場所はいりません。

最近は、DVDを見られる機器もありますから、借りてきたDVDもここで鑑賞OK.

さらに、お住まいのどこかにAV機器のワークステーションを設置すると、にWI-FIを使って構築したネットワークを活用して、こういった固定テレビや固定アンテナコネクタさえ必要なくなるかもしれません。

電設の位置や活用方法の発展は、ちょっと気を抜くとあっという間に変化していますので、「おれはインターネットや最近のテレビのことなんかわかんねえ」。なんて言っていると、施主さんのご要望にこたえられない時代遅れの設計屋。になってしまう可能性もありますので、いつもの通り、勉強勉強です!







 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://mworksproject.blog44.fc2.com/tb.php/1313-c312729f
2012/ 08/ 05( 日) 20: 27: 25|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。