スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ラリーモンゴリア2012「撤退編」⑥

大荒れの天気は、朝になっても回復せず、気温は一桁。
ようやく荷物を積んだX1トラックが到着しても、ラリーは混乱状態を脱することができません。

ゲルにいる仲間に今後の予定を伝えようと、食堂で待ちますが、今後の予定どころか、ブリーフィングの時間すら発表されません。
すでに時間はAM8:00を過ぎ、準備や食事の時間を考えると、SSを含んだ500KM以上の行程をこなすのは、まず不可能な時間になってきました。
どうなるんだろう?とエントラントやメカニックの皆さんと話していると、SSER代表山田氏が登場。
突然、今日のスケジュールを話し始めました。

今日のSSはキャンセル。コンボイでグランドゴールのウランバートルへ向かう。
AM11:00スタートなので、準備をするように。
船便で運んできた荷物を、ゴール後、そのままコンテナヤードへ運びこむので、バッグの中身を、日本から送り出したままにするように。(これは、私の聞き違いだったようですが…。)

内容のメモを取り、ゲルにいる皆さんに伝え、自分も出発準備を始めます。
エントラントは、ヘルメットをはじめとするライディングギヤを身に付けますので、バッグに入れることはないのですが、リタイヤした場合、決して余裕のないバッグにこれらを詰め込まなければならないので、荷物の選別に一苦労。
いくつかのバッグを抱えて、この日は移動する羽目になりました。

今日も、207車に乗せてもらえるはずだったのですが、こんな大荷物を持って乗る訳にはいかないので、207のお二人にお礼を言って、今日はZ1トラックに乗ることにしました。


今日のZ1トラックには、同乗者がいます。
負傷でリタイヤしたNO17、大島さんと、NO20右田さん。

P8190388.jpg

大島さんは、このラリーに何回か出場されていて、自分なんかくらべものにならないくらい、過酷な状態でのリタイヤを経験されていて、ゾーモットから、不調の車体で帰って来たお話。
モンゴル中央部から飛行機で帰って来たお話等、大変参考になりました。

相変わらずひと桁台の気温、強風、豪雨と厳しい天候の中、100KMほどのルートをライダーはコンボイで走ります。
途中、一か所で再集結して、ウランバートルへパレードで「凱旋」するのですが、その集合待ち時間が結構長く、雨に濡れた皆さんは、かなりつらそう。

P8190389.jpg

カミオンを風よけにして、みんなスタートを待ちます。

P8190390.jpg

そして、ウランバートルへコンボイで移動。
チンギスハーンホテル前で、ゴールとなりました。

我々の乗ったZ1トラックは、渋滞に巻き込まれ、到着したころには、式典も終わり、閑散としていました。

P8190396.jpg

ホテル前には、まだ、ゴールを喜び合うエントラントの皆さんが残っていて、お祝いの言葉をかけますが、彼らの「やりきった!」表情を前に平静を装うのはやっぱり、悔しく、難しい事でした。

まだまだ、人間ができていません!!!

P8190397.jpg

翌日は、日本へ送り返す荷物を整理して、車体もコンテナに積む作業。

P8200406.jpg

バッグの中身は、日本から送り出したままにしないといけないので、リストを見ながらの荷物整理は結構大変。
天候の悪化でスケジュールが押せ押せになってしまっているので、「あと何分!」なんてぎりぎりの搬入となりました。


その後は、チンギスハーンホテルで表彰式。

P8200410.jpg

リタイヤした自分も参加しましたが、ここもやっぱりちょっと複雑な気持ちでの参加となりました。
いつかは、フィニッシャーとして、ここに参加してみたいものです。



これで、「ラリーモンゴリア2012」のスケジュールはすべて終了。
まれにみる悪天候でエントラントもスタッフも大混乱の大会でした。

自分自身、決して納得できる終わり方ではない結果でしたが、何とかウランバートルに帰り着くことができましたし、
「怪我せず、きちんと生還する」という第一の目標は果たすことが出来ました。
また、ラリーを走っていたのでは見えない。たくさんの経験をすることができましたので、まったく無駄な日々だったわけではなく、いろいろ自分の糧になった日々ではありました。

ただ、「ライダーとしての自分」として考えると、やっぱり納得できない終わり方。

このラリーに再びチャレンジするか、それとも別の目標を見つけるのか。
ライダーとしての自分としては、この記録を書き終えた今現在でも、まだ答えは出ていません。
まずはきちんとお仕事をして、日常を積み重ね、そのうえでまた、どんな風に「納得できる何か」の行動ができるかどうか。ゆっくり考えていきたいと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

また、このブログが、モンゴルへ旅行される方、これから「ラリーモンゴリア」に参加される方のご参考にでもなるようであれば、幸いです。


 

コメント

最後まで御苦労さまでした。
撤退編のボリュームが(笑

しかし、ゆっくり養生して、仕事して、また復活しましょう!
とりあえず、国内ラリー、どこかでごいっしょしたいですね。
2012/ 09/ 20( 木) 15: 39: 06| URL| kensei_kobe# klq26XPE[ 編集 ]
 
ラリーに参加した時間よりも、リタイヤしてからのほうが、長かったものですから・・・(´エ`;)

> 最後まで御苦労さまでした。
> 撤退編のボリュームが(笑

DOA参加予定です。
参加されます?

> しかし、ゆっくり養生して、仕事して、また復活しましょう!
> とりあえず、国内ラリー、どこかでごいっしょしたいですね。
2012/ 09/ 20( 木) 16: 46: 41| URL| mworkspj# -[ 編集 ]
 
DOAは出たかったのですが、仕事の都合がつかなくて、断念しました。
いいな〜
バイクは大丈夫かなですか?
2012/ 09/ 24( 月) 04: 19: 35| URL| kensei_kobe# klq26XPE[ 編集 ]
 
> DOAは出たかったのですが、仕事の都合がつかなくて、断念しました。

残念!

> バイクは大丈夫かなですか?

GSはまだ海の上なんで、ハスクで行く予定です!
2012/ 09/ 27( 木) 22: 25: 56| URL| mworkspj# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://mworksproject.blog44.fc2.com/tb.php/1338-6584c8a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。