スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

自社で建てたお宅へ自社で伺う。

当社で6年前に建てさせていただいたお宅に伺ってきました。
今回はお住まいになってから破損したクロスの補修と、室内LANの構築。

0517KIMG3713.jpg

ともに、新築の際に作業した職人さんがやりますので、「○○区のあのお宅だよ。ほら、床屋さんがとなりにあったさ。」的なお話で、確認ができますので、作業段取りもスムーズ。

建てた際に作業した職人がメンテやその後の改装も行うのが一番ですし、その体制を維持する努力をするのも、元請の業務の一つだと思います。
ですから、あまり無茶な価格での受注もできません。

ある設計事務所さんでは、仕事を取るために、かなり安い計画単価で複雑なPLANや坪数の計画を建てて競合するいくつかの設計事務所を退けて、受注を獲得。受注はしたものの、施工してくれる工務店がなかなか見つからず、仕方なく「仕事のない」工務店に施工を依頼したものの、工事中も問題が続出。
完工後も、問題が多発しているにも関わらず、その工務店は倒産。完工後のメンテナンス先も喪失してしまった・・・。なんて悪循環もお聞きします。

こういった設計事務所さんや、施主さんからご相談をいただくこともよくありますが、申し訳ございませんが、目の前の受注ありきで進めた会社さんにお付き合いするつもりはありませんし、他社に決定された施主さんからお話しをいただいた場合でも、その業者さんを選んだのは施主さんですので、ご自分で責任を負っていただくのが道理だと思いますので、基本的にお断りしております。

平常業務を行っているときでも、お問い合わせの段階から、メンテナンスやお住まいになったあとの改装も含めての状況を見越して、受注させていただくことも、設計施工を請け負う責任だと思いますので、当社でお請けしたお仕事は当社関係各社一同で、メンテや改装のお手伝いをさせていただきますが、他社さんで行った方へのお手伝いは難しいです。

今回もお約束した日程、内容で作業は完了。
新築時よりも大きくなったお子様や、施主様との再会を作業を行った各人一同で楽しませていただきました。



WIFIが主流になってきた昨今でも、まだまだご相談いただく有線LAN。
コネクタへの細かい接続作業や、引き回しの複雑さから請け負わない業者さんが多いようですが、当社の電気屋さんは、若い方がそろっていますので、新築工事とともにお請けすることができます。

0517KIMG3724.jpg

こんな複雑な「カテゴリー6」のコネクタ処理も含め、施工可能です。

0517KIMG3720.jpg




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。